株式会社武田産業
TOPページ > 100年のクリエイティブブログ > 技術用語集 > ポリエチレン(HDPE、LDPE、LLPE)とは

ポリエチレン(HDPE、LDPE、LLPE)とは

CREATIVE BLOG

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポリエチレン(HDPE、LDPE、LLPE)とは

ポリエチレン(HDPE、LDPE、LLPE)とは....

エチレンを重合した熱可塑性樹脂で、-CH2-分岐度等により、密度や性質が異なります。

①HDPE(高密度ポリエチレン)
密度が0.910~0.965とポリエチレンの中で最も密度が高いポリエチレンで、比重は0.94~0.97程度です。耐熱性や耐寒性、耐水性、耐アルカリ性、耐衝撃性、剛性に優れていますが、ガスバリア性や耐有機溶剤性はあまり良くありません。また、不透明のためでフィルムにしても白濁色をしています。
HDPEの代表的な用途は、ごみ袋やレジ袋です。

 ②LDPE(低密度ポリエチレン)
密度が0.910~0.925と低いポリエチレンで、軟らかく、剛性の低いポリエチレンで、比重は0.92程度です。耐水性やヒートシール性、耐衝撃性、耐寒性に優れていますが、耐油性や耐熱性はあまり良くありません。透明性が高いのが特徴です。軟化点が低いため、加工性が良いのが特徴です。
LLDPE(リニア低密度ポリエチレン)LLDPEの代表的な用途は、シーラントです。
密度:0.910~0.925LDPEと同じ低密度ポリエチレンですが、LDPEよりも分子量分布や組織分布が狭いポリエチレンです。強度が高く、シール性や耐衝撃性、透明性にも優れています。
代表的な用途は、ごみ袋や食品包装用ポリ袋、ショッピングパック等があります。

③LLDPE(リニア低密度ポリエチレン)
密度:0.910~0.925LDPEと同じ低密度ポリエチレンですが、LDPEよりも分子量分布が狭いポリエチレンです。強度が高く、シール性や耐衝撃性、透明性にも優れています。
LLDPEの代表的な用途は、シーラントです。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

お問い合わせ

武田産業について各種お問い合わせ、資料のご請求は、
お気軽に下記までご連絡ください。

総務部 03-5662-1720 / 受付時間 9:00~17:45(土日・祝日除く)