100年のクリエイティブ

グレイスパット開発秘話~その5~

フィルムで内容物を固定するフィルム緩衝材「GRACE PAT(グレイスパット)」。この開発ストーリー第5弾では、GRACE PATの製品拡販に伴うコストダウンへのコストダウンするための熱~い闘いをお送り致します。

グレイスパット開発秘話~その1~
グレイスパット開発秘話~その2~
グレイスパット開発秘話~その3~
グレイスパット開発秘話~その4~

ポリウレタンフィルム「タフグレイス」となんちゃってウレタン「POLYGRACE V」の2種類をラインナップし、あとは梱包材「グレイスパット」を売るのみ。
新規のお客様にこの「グレイスパット」をご紹介すると、ほぼ100%皆様口をそろえて「なんて面白い梱包材だ!」と感激してくださいました。
『おぉ、これは売れるかも!!』 という感触を受けるのですが、次の段階で見積もりを提出すると一気にお客様のテンションはガタ落ち。私のテンションもガタ落ち。お客様と私とでチーン...。そう、この「グレイスパット」の最大の弱点は値段が高いということだったのです。どれ位高いかというと、例えば商品の外箱が60サイズ(縦・横・高さの計60cm以内)だった場合、その緩衝材として1枚のフィルムで固定する「GRACEPAT MONO」はパットだけでおおよそ80円~100円位していたのです。

gppad

現行使用している空気緩衝材や段ボールの資材コストに比べると数倍も高くなってしまい、お客様からは「50円を下回らないと土台にのらない」と言い放たれたのです。『これは、あかんっ。なんとかせねば。』そう、当社の人事理念でもある「できない理由ではなく、どうしらできるかを考えよう」にのっとり、どうしたら50円を切れるか考えてみることにしました。かくして、コストダウンするための熱~い闘いが始まりました。

gppad

グレイスパットのコスト構成は、①フィルム代、②段ボールパット代、③フィルム+段ボールパットの熱溶着加工賃の3つで成り立っています。②の段ボールパットは我が社にとって仕入品であるので、段ボール屋さんにとびきりの笑顔で「安くして」とおねだりするくらいしか方法がありません。

自分達でどうにかできるのは、①のフィルム代と③の加工賃です。我が社で製造している①のフィルムのコストダウンから取り組むことにしました。

gppad

既にポリウレタンフィルム「タフグレイス」の素晴らしい機能についてはご紹介してきたと思いますが、このポリウレタンという材料はお値段の方も素晴らしくて、原料からしてポリエチレンの3~5倍するとても高価な材料なのです。また、セパレーターとしてポリエチレンがついているために更にフィルムとしては高いものになってしまいます。 一方で、破れにくく、伸び縮みするという特別な機能をもっているため、このタフグレイスを使用したグレイスパットは、フィルムを伸ばしても復元するため複数回使用できます。1回のみの使用では高くても、部品などの工場間移動やパソコンの修理などで少なくとも2回以上使用することでコストダウンにつながり採用頂いているケースはありました。

ただし、通販等に使われる梱包材は送り主からお客様への片道=ワンウェイ使用のみ。今、ものすごい勢いで伸びているEコマース市場を狙うのであれば、やはり1回使用でもペイする価格でなければ採用にはいたらないわけで...。
そうなると、2回以上使えるけれどポリオレフィンフィルムの2倍以上の値段がする「タフグレイス」ではなく、片道1回使えれば良いので価格が半分以下のフィルムが必要となったのです。先に「なんちゃってウレタン」として開発された「POLYGRACE-V」は、まさに価格的にはタフグレイスの半値くらいではあったものの、ウレタンフィルムの柔らかすぎるところを補うために開発されただけあってウレタンの柔らかさが求められるアイテムには使えず、何よりも透明性がないのが一番の欠点でした。

gppad

そう、「GRACE PAT」がお客様に支持される理由に、「フィルムが透明で内容物が美しく見える」「ディスプレイにも使える」という見た目の美しさがあるのです! 
だから、「GRACE」=「美しい」パットなのです。これを実現してきたのが、我が社が誇るウレタンフィルム「タフグレイス」の透明性だったのです。フィルム代のコストを抑えるには、「タフグレイス」と同等の柔らかさと透明性を備えてコスト半分、そして段ボールと熱溶着可能、というのが新たなフィルムの必要条件でした。このフィルムが今でいう「POLYGRAE NEO」です。

代表取締役社長 武田美奈子

次回は、この「POLYGRACE NEO」の開発ストーリーをお伝えします。乞うご期待!

グレイスパットロゴグレイスパット(GRACE PAT)

代表取締役社長 武田 美奈子

趣味:仕事とサーフィン

ものづくりって面白い!新しい素材や技術の話は大好きです。
悩みは海で日焼け止めが効かず、日焼けし過ぎてしまうこと…。

お問い合わせ

お問い合わせ

お気軽にご連絡下さいませ。

お問い合わせ

武田産業

武田産業について

株式会社武田産業は遮光ポリオレフィンフィルム、ポリウレタンフィルムなど高機能プラスチックフィルムやフィルム緩衝材の製造・販売から、リサイクルレザー商品など皮革商品の企画製造販売まで、100年の実績から成る“和”の技術と対話力で社会に価値を提供し、地球の持続可能な発展に貢献します。

ページ先頭に戻る