Takeda Sangyo Co.,Ltd.

Tough Grace Film

Tough Grace Film

武田産業は、国内でも数少ない
ポリウレタンフィルムメーカーです

ポリウレタンフィルムタフグレイス(Tough Grace Film)はゴムのように伸び縮みして、破れにくい性質を持っています。

たとえば、パソコンなどを運ぶ時の緩衝材として使われています。
一見ラップフィルムのようなこの薄いウレタンフィルムでパソコンをサンドイッチして宙吊りにしてしまうのです。
フィルムがピタッと製品にフィットし、安全にパソコンを運んでくれます。

この熱可塑性ポリウレタンを薄い透明なフィルムに加工するには高い技術力が必要で、武田産業は国内でも数少ないポリウレタンフィルムメーカーの1つです。

武田産業のポリウレタンフィルムタフグレイス(Tough Grace Film)の
4つの魅力をご紹介します!

弊社独自製法でポリエチレンの離型フィルムがついており、熱シール加工が簡単!また、耐寒・耐熱性にすぐれ-30~60℃の広い温度域で使用可能。 空気バリア性などの特長も有しており幅広い用途でお使いいただけます。

強靭で高い耐衝撃性と耐摩耗性を持つ

1強靭で高い耐衝撃性と耐摩耗性を持つ

約500%以上の伸縮性

2約500%以上の伸縮性

ディスプレイ、インテリア材などに活用可能な高い透明性

3ディスプレイ、インテリア材などに活用可能な高い透明性

水蒸気透過性があり透湿性が抜群

4水蒸気透過性があり透湿性が抜群

構成(フィルム断面)

構成(フィルム断面)

特長&用途

1耐衝撃性、耐摩耗性。
― 既存フィルムの薄肉化、車などの傷防止フィルムなど。

2約500%以上の高伸長性。

耐衝撃性、耐摩耗性

2

耐衝撃性、耐摩耗性

2

3伸ばした後にゴムの様に戻る回復弾性。
― テープ基材、バンドなど。

回復率

各フィルム15mm幅の試料を50%、100%、200%、300%伸ばし、5分後に荷重をフリーにした時の、荷重をかける前の長さに対する伸び率を測定しました。数値が小さい程、回復弾性に優れていることを表しています。

高伸長性、回復弾性

「ー」はフィルムが破断。

上記は測定値であり規格値ではありません。

突き刺し強度

4

4ボールペンなど先の尖ったものにも耐えられる突き刺し強度。

追従性、透湿性

5

5水蒸気透過性があり透湿性◎。

空気バリア性

6

6空気バリア性。風船、空気緩衝材など。

透明性

7

7透明性。ディスプレイ、インテリア材など。

8曲面にフィットする追従性。

9-30℃~60℃の広い温度域で使用可能。

10高周波ウェルダー適正◎。塩ビフィルム代替として

11表面抵抗値10¹²Ωで帯電しにくい。

12少ない熱収縮。異素材(布、不織布、紙)とのラミネート可。

ポリウレタンフィルムタフグレイス(Tough Grace Film) 引張試験比較実験

ポリウレタンフィルムタフグレイス 引張試験比較実験

S-Sカーブ

各フィルムを引張試験機で両端に外力(引張荷重)を加えて、その材料が破壊(破断)するまでの応力(=stress)とひずみ(=strain)との関係を表した曲線です。

S-Sカーブ

測定条件:各フィルム15mm幅、チャック間40mm、引張スピード200mm/min、n=3

上記は測定値であり規格値ではありません。

Pagetop