100年のクリエイティブ

グレイスパット 新規用途開拓営業よもやま話

さて、こちらのブログで話題の中心、「グレイスパット」製品開発の顛末は、 社長と哲三博士による涙ぐましくも美しい「開発秘話」として4回に渡って紹介されてきました。
グレイスパット開発秘話~その1~
グレイスパット開発秘話~その2~
グレイスパット開発秘話~その3~
グレイスパット開発秘話~その4~

今回は、この「グレイスパット」を、どうやって、誰に、使ってもらうのか? 「こんな便利な梱包資材があるのですが、何か使い道はありませんか?」では、評価もしていただけません。お客様が使われる場面、その際の利便性を想定し、「こんなふうに使うと、こんなメリットがありますよ」と、訴えないと、話も聞いてもらえません。 新規用途開拓営業よもやま話にお付き合いください。

gppad

プラスチックフィルムでも主に工業用途、いわゆるエンジニアリングプラフィルム。 ポリエステルやポリカーボ、PPSにポリイミド。特殊蒸着やコーティング加工品。それらを細長くテープ状に加工する事をスリットと言います。特に狭巾をマイクロスリットと言います。 例えばポリエステルフィルム50μ 5mm×1000m巻き 3インチの巻き芯で、外径約267mm 重量350g位です。その見た目から「レコード巻き」なんて呼んでいました。 今はこの「レコード」が解りませんかね(笑)? ポリイミドフィルムの加工品なら、1巻1万円以上になる事もある「レコード巻き」、崩れてしまうと修復不可能、そこで、「グレイスパット」が使えないかと発想したのでした。

まずは在庫の標準パットで試してみました。

record
record

製品の挿入も容易、梱包してしまえば、荷扱い起因で崩れてしまう可能性はほぼありません。更に巻き芯を固定する為の穴を設け、キャップワッシャーで固定する事も思いつきました。

可能性を感じ、φ30cm対応の試作品を作って、関東近県、と大阪、京都まで行商に行ったのですが・・・

record

「なるほど、梱包は簡単だね、見た目もいいいね、荷崩れし難いね・・・」
等々面白いとは言ってもらえるものの、採用への道は遠いですね。
試作加工品を数巻、海外へ送るなんていう場面には持ってこいの梱包資材ですが、
量はそれほど必要ない...段ボール抜き加工品なのでクリーン対応が...。既存梱包資材に対してコストが見合わず...。

「とりあえず、面談室、ショールームに、製品を入れて飾っておくよ」
ええ、それでもいいんです。少しでもお客様、お客様候補の目に触れる機会が増えれば。
このφ約30cm対応のパットと専用箱、まだストックありますので、関心持たれましたら是非お問い合わせください。

生活産業部 宮本 信久

業務内容:「グレイスパット」他、フィルム緩衝梱包資材の新規拡販

趣味:しばらく休止中ですが「親父バンド]のBass&Vo
レコード収集、主に70年代欧米ロック。 調理師免許持ってたりします・・・。

お問い合わせ

お問い合わせ

お気軽にご連絡下さいませ。

お問い合わせ

武田産業

武田産業について

株式会社武田産業は遮光ポリオレフィンフィルム、ポリウレタンフィルムなど高機能プラスチックフィルムやフィルム緩衝材の製造・販売から、リサイクルレザー商品など皮革商品の企画製造販売まで、100年の実績から成る“和”の技術と対話力で社会に価値を提供し、地球の持続可能な発展に貢献します。

ページ先頭に戻る